撥水道場 すべての車に輝きを

ボディコーティング、それぞれの特性

2018.04.17

撥水道場では、現在2種類のボディコーティングを取り扱っております。

一般のお客様や施工店様からも、
「どっちのコーティングがいいですか?」
「人気があるのはどっちですか?」
などのお問合せを頂きます。


それぞれ商品特性が違いますので、業者様でしたらお客様に合わせてコート剤も使い分けていただいているようです。

 

 

気軽に簡単に施工できるのは「ハイブリッドコートZERO」です。
お車の外装すべてに施工でき、マスキングも必要ありません。


低撥水が長期間持続するのが特徴ですが、洗車時の摩擦により撥水効果が継続しますので、
洗車をあまりされない方には効果がわかりにくい商品ではあります。
(1か月に1度位の洗車がおすすめです)

 

洗車を怠っていると、水がゆっくりジワジワ引いていきます⇓

ビカッとした艶感は「プラス」に比べて弱いですが、施工後の洗車時にはイオンの作用で親水状態になり水がゆっくりと引いていき、最後にはほとんど残らなくなりますので、拭き上げ作業が非常に楽になります。

自社の代車やレンタカーに、また車販のサービスコーティングでもご利用いただいております。

 

 

 


艶感や滑水性(撥水性)を重視されるのであれば、「ハイブリッドコートZEROプラス」をおすすめします。

 

水を掛けると気持ちよく流れていきますので、コーティング効いてるのがすごく実感できるかと思います。

 


またコーティング剤には有効成分が多く含まれる為、被膜に膜厚があり、輝きが長期間持続します。
中古車で艶があまりない状態で施工しても、艶を出すことができます。(程度にもよります)

 

 

「プラス」の施工時はマスキングはしっかり行って下さい。
窓枠モールやガラス部分に付着すると跡が残り取れなくなりますので、注意が必要です。

どちらのコーティングでも施工初期の撥水力は次第に衰え、低撥水に移行します。
定期的(半年~1年)に「メンテナンス剤」を塗っていただくと、常に良い状態(撥水力の高い状態)を維持させることも可能です。

 


どちらもそれぞれ人気があり、どちらもリピートが多い商品です。

お客様が何を求めるかで、使用するコート剤も変わってきます。