撥水道場 すべての車に輝きを

シングルポリッシャーで研磨してもガラスは削れない?

2018.09.18

お客様からのお問合せをいただきましたので、ご紹介します。

 

【質問】

「ガラスのウロコ取り剤を探していて、御社の製品にたどり着きました。
ZEROハードはガラスに近い硬さの研磨剤ということですが、シングルポリッシャーで研磨してガラスは削れないですか?」

 

 

 

【回答】

「ウロコ落としZEROハード」は、ガラスの硬さに近い大きな粒子で、頑固なウロコも削り落とすことができる、ガラス専用のコンパウンド(研磨剤)になります。

今まで何を使っても落とせなかったガラスのウロコ(水垢)を落とすことができる、と好評をいただいております。

 

 

 

乗用車などの比較的軽度なウロコ、少量のウロコであれば、手磨きで落とすことも可能ですが、

 

頑固な鱗、広範囲におよぶウロコには、ポリッシャーの使用をおすすめします。

 

ご質問のとおり、シングルポリッシャーで研磨していただいて大丈夫です。

ですが、対象物により使用するパッド(バフ)は使い分けてください。

 

 

基本的にボディー磨き用のウールパッド(ウールバフ)をご使用いただければ問題ありません。

ガラスに傷も入りませんし、ガラスが削れることもありません。

 

 

ですが、強固なウロコ、何年もの間積み重なり積層状態になった鱗被膜は、ウールバフでは時間がかかる可能性がございます。

その場合は、弊社で販売している鱗落とし専用の「ハードパット」または「ソフトパット」をお試しください。

 

但し研磨力が強いので、乗用車に使用されると傷が入る恐れがあります。

パッと見て傷が入ってないように見えても、光を当てると研磨傷が見える場合がありますので、ご注意ください。

 

温泉施設など、頑固な鱗を落としたい、現状よりマシになるなら、多少の細かい傷くらい入っても構わない、という場合はハードパッドを使用していただくと早いです。

7割をハードパットで落とし、残りをソフトパットやウールパッドを使って仕上げていただくと、研磨傷も目立ちにくくなります。

パットを使い分けていただくのが理想です。

 

 

 

【露天風呂仕切りガラス】

(ビフォー)

(アフター)

 

 

【乗用車フロントガラス】

 

 

 

【噴水前の仕切りガラス】

(ビフォー)

 

 

(アフター)

 

【お客様の声】ガラスのウロコクリーナー「ウロコ落としZERO」

 

 

「ウロコ落としZERO鏡面仕上剤」はポリカーボネードにおすすめです。

ポリカーボネードのウロコ(水垢)も落とせます