撥水道場 すべての車に輝きを

バンパー修理

2018.02.23

撥水道場では、鈑金塗装事業も行っております。


フロントバンパーとエアロの擦り傷。
画像には写っていませんが、バンパー本体にも傷があります。


一般の方からすれば、ちょっとの傷だからシュシュっと塗って
おしまい、と思われる方も多いと思いますが、
キチンとした仕事をしようとすると、そうにはいきません。


IMG_20150818_095017


この車種の場合、塗装するのに「衝突センサー」「フォグランプ」「エアロのモール」が邪魔になります。



バンパーの形状によっては、外さないと作業できません。


IMG_20150818_100313

IMG_20150818_112433

脱着をしないと、後から塗料がめくれてきたり、不具合が生じます。


安くで仕上げるために、全体を塗装せずボカシ塗装にしたり、
バンパーを外さないで塗装したりといったご提案もさせていただきましたが、
(仕上がりに差は出ますが)
今回のお客様は、きっちりと直して欲しい、との事。



特にこのエアロに付いているモールが邪魔な存在です。
これがなかったら、バンパーを付けた状態で塗装することもできない事もありません。

バンパー傷はたいしたことなかったので、パテなしのサフ仕上げにします。

エアロはパテを盛ります。



サフいれて


砥ぎます。

 

 


バンパーは、色はぼかし、クリヤーは1本塗りの為、全体を足付け。
淡色車ならクリヤーボカシしますが、ブラックなので1本丸ごと塗り上げます。

あんな少しの傷なのに、バンパー全体を塗らなくてはいけないのです!!

 


エアロも全体を足付けして


塗装できるようにセッティングし



塗装完了!




組み付けて、完成!




いかがでしょうか?

同業者なら当たり前の内容ですが、
一般の方はここまで大変と思っていないはず。

あんな少しの傷でも大がかりになりますし、どうしても金額も高くなってしまいます。


しかし、エアロの隙間に挟んであるモールなど一緒に塗って良い、
フォグランプにも少し色がかかっても良い、
とにかく安くで!と言われるお客様には、
手間を省いた分、お安く修理させていただきます。

でもそれはそれで車全部を養生しなくてはいけないので大変ですが・・・

いずれにせよ、鈑金塗装は手間暇がかかっているんですよ!
という事をお伝えさせていただきました。