撥水道場 すべての車に輝きを

【施工方法】ヘルメットシールドのコーティング

2018.05.05

ヘルメットシールド専用コーティング剤
「シールドコートZERO」

施工は非常に簡単です。
下処理(油膜除去)をしたヘルメットシールドに、コート剤を塗ってすぐに拭き取るだけでOK。
短時間で仕上がります。

 

 

 

 

①研磨スポンジにシールドクリーナーZEROを少量(パチンコ玉1つ分位)とります。
霧吹きなどで少量の水をスポンジに吹き付け(クリーナーの伸びを良くするため)、シールドを磨きます。

 

②液が弾かなくなり油膜が取り除かれるまで磨いてください。

※ミラーシールドの場合は、磨きすぎないようご注意ください。

 

③その後水できれいに洗い流すか、絞りクロスできれいに拭き取ってください。
シールド表面の水分が完全になくなるよう拭き上げてください。

 

 

 

④塗布スポンジにシールドコートZEROを5~10滴とり、縦・横・縦にまんべんなく塗ります。

 

⑥乾燥させず、すぐに乾いたクロスで液の余剰分をふき取ります。
ヘルメットシールド内側から視界の悪いところはないか最終確認して仕上げてください。

※施工後は12時間以上濡らさないでください。

 

 

バイクのスクリーンやサイドミラー、ゴーグルにも使用できます。

 

 

 

 

 

※ヘルメットシールド等のポリカーボネード素材には、ガラス用油膜除去剤(ガラス用研磨剤)は使用できません。
(シールドに傷が入る恐れがあります。シールドコート専用のクリーナーをご使用ください。)

※既に特殊ハードコートが施されている場合には、コーティング効果が発揮されない恐れがあります。
また、クリーナー(研磨剤)の使用にはご注意ください。

※防眩や撥水等、表面加工済みのシールドには使用しないでください。

 

 

Yahoo!ショッピングからご購入いただけます。

 

ヘルメットシールドのコーティング剤、重ね塗りしてもいい?

 

1年間いろんな商品を試したけど納得のいくものに出会えませんでした