ハイブリッドコートZERO ハイブリッドコートZEROプラス ウロコ落としZERO ピュアコートZERO 水垢ZERO クリアZERO ハイブリッドコートZEROライダー シールドコートZERO カーシャンプーZERO ZERO専用ポリッシャー

 

しっかりと雨を弾いて快適な視界を確保!
施工性のいいプロ仕様ウィンドウコーティング

低速走行(45km/h)でも雨が飛んでいき、市街地走行時でもガラスがすっきり見えやすくなる撥水コート剤です。
効果持続期間はフロントガラスで約3ヶ月、サイドやリアは約1年。
サンプル請求はこちら
この商品を購入する

低速走行でも雨が飛ぶ!

「ピュアコートZEROライト」は低速走行でも雨を弾き飛ばし、クリアで快適な視界を確保するウィンドウ撥水コート剤です。
接触角が大きいので、高速走行はもちろん、市街地での低速走行(45km/h)でも雨粒が弾き飛び、ワイパーの煩わしさから解放されます。
 

ワイパーのビビリを低減!

ワイパーがびびる原因は、ワイパーゴムの劣化、ワイパーとガラスの接触角度が悪い場合の他、ガラス表面の汚れや不純物の付着、ウィンドウコーティング剤とワイパーの相性が悪い場合もあります。
雨を弾かせるためのコーティング剤は、ガラスに薄い被膜を形成させますが、その被膜が柔らかいとワイパーの摩擦でビビリが発生してしまいます。
「ピュアコートZEROライト」はフッ素とシリコンを配合しており、撥水力を高めつつ被膜が固いため、ワイパーによるビビリが起こりにくくなっております。

※すべてのガラスにビビリが発生しないわけではありません。
※ガラスの摩擦を軽減させるグラファイトワイパーの使用をおすすめします。
 

雨天時の夜間走行でもギラつきがなく見えやすい!

フロントガラス右側にだけに「ピュアコートZEROライト」を施工しました。
施工した部分は、ワイパーを使用しなくても雨が筋状になって流れ落ちるので、景色がスッキリ見えやすい状態です。
 
未施工(左側)は対向車のヘッドライトがギラ付いて、とても見えにくい状態です。
雨天時の夜間走行時には特にギラ付きで視界が悪くなることもあり、大変危険です。
「ピュアコートZEROライト」を施工すると、夜間でもギラ付きなく視界良好です。

フロント・サイド・リア・ミラー、すべてに使える!


※1 お車の保管環境・使用状況により異なります。
※2 内窓・特殊なプラスチック製の窓・フイルム貼りや着色・コーティングなどの処理・物理的な加工を表面に施したガラスには使用しないでください。
※3 リアガラスはワイパーを使用しない場合。

施工後の撥水効果を動画でご覧ください!

市街地を走行している様子①
市街地を走行している様子②

「ピュアコートZEROライト」の施工方法

準備するもの

  • ピュアコートZEROライト(フロントガラス1枚で約5ml使用)
  • ガラス用塗り込みパッド
  • 不織布(小1~2枚)※汚れたら取り換える
  • マイクロファイバークロス(コーティングの拭き上げ用)
  • 水拭き用クロス(コーティング工程3で使用)
  • ガラス用油膜除去剤(下処理用)
  • ガラス用研磨スポンジ(下処理用)
  • 拭き上げ用クロス(下処理用)
※新車であっても保管時や陸送時に油汚れ(排気ガス等)が付着していますので、油膜除去剤で下処理をしてから施工してください。

コーティング前の下処理【1】
施工する部分の回りをマスキングテープ等で養生します。(省略可)
施工部位を水で軽く濡らします。
(霧吹きを使用すると簡単です)

コーティング前の下処理【2】
研磨スポンジにガラス用油膜除去剤を適量付けてガラスを磨き、汚れや油膜を除去します。

コーティング前の下処理【3】
水をかけると弾く場合は研磨不足です。液剤が弾かなくなるまで磨いて下さい。液が乾いてきたら、適時補水して磨いて下さい。
※1 油膜除去剤で落とせないウロコ汚れは、「ウロコ落としZEROハード」を使用して落として下さい。

コーティング前の下処理【4】
水で充分に洗い流し、完全に水分を拭き取り乾燥させます。

コーティング【1】
塗り込みパッドに、半分に折った不織布を1枚巻き付けます。
「ピュアコートZEROライト」を、不織布全体が湿る程度(10滴程)含ませます。
※塗り込みスポンジに直接液を含ませて塗っても大丈夫です。

コーティング【2】
施工面にまんべんなく塗りこみます。
フロントガラスなら半面ずつに分けて塗るとやりやすいです。
縦→横→縦と塗り残しがないようムラなく塗り込んでください。
※液が足りないと感じたら、適量を足して塗り込んでください。

コーティング【3】
2~3分後、乾いたクロスで拭き上げます。
※乾いたクロスだけではすっきりきれいに取れない(白くモヤっと残る)場合は、水で濡らして固く絞ったクロスで拭き上げ、最後に乾いたクロスで仕上げてください。

仕上げ【4】
運転席から拭き残しがないことを確認してください。
拭き残しがあれば、再度きれいなクロスで拭き上げてください。
施工後は12時間以上濡らさないでください。

「ピュアコートZEROライト」施工時の注意点

  • 自動車ガラスの外側面以外には使用しないでください。
  • 内窓・特殊なプラスチック製の窓・フイルム貼りや着色・コーティングなどの処理・物理的な加工を表面に施したガラスには使用しないでください。
  • すべての液剤は、塗ったまま長時間放置しないでください。
  • 下地処理を充分に行わずに撥水加工した場合、性能が充分に発揮できない可能性があります。
  • 汚れや異物が付いた不織布・スポンジ・クロスを使用しないでください。
  • 塗り込みパッドに不織布を巻いて施工すると、液を必要量だけ使用できて経済的です。また不織布は汚れたら交換することで、常にきれいな状態で使用できます。

ウィンドウガラスコーティング ラインナップ

 

ピュアコートZERO

長期耐久ウィンドウガラス撥水コート剤です。
雨の日の夜間でもギラつきなくスッキリと見えやすく、ワイパーのビビリもほとんどありません。
高速走行時は雨粒が吹っ飛ぶので、ワイパーの煩わしさから解放されます。
効果持続期間は、フロントガラスで約2年。

ピュアコートZEROライト

低速走行(45km/h)でも雨が飛んでゆき、市街地走行時でもガラスがすっきり見えやすくなる撥水コート剤です。
市販品によくある、ワイパーのビビリも起こりにくいです。
効果持続期間はフロントガラスで約3ヶ月、サイドやリアは約1年です。

ピュアコートZEROサイド

サイドガラス・サイドミラー専用の撥水コート剤です。
塗リ込みや拭き取りも、驚くほど簡単です。
効果持続期間は1年以上。
リアガラスにも使用できます。(フロントガラスには使用できません)

ピュアコートZEROミラー

サイドミラー専用の超撥水コート剤です。
水滴がほとんど付かないので、雨天時の視界が驚くほどクリアに!
雨の日のドライブや車庫入れ時など、安全な視界を確保します。
効果持続期間は約6ヶ月。


 

しっかりと雨を弾いて快適な視界を確保!
施工性のいいプロ仕様ウィンドウコーティング

低速走行(45km/h)でも雨が飛んでいき、市街地走行時でもガラスがすっきり見えやすくなる撥水コート剤です。
効果持続期間はフロントガラスで約3ヶ月、サイドやリアは約1年。
サンプル請求はこちら
この商品を購入する